三チャンS村紹介
三チャンS村紹介(さんちゃんすむら)

三チャンS村紹介 北広島町志路原(しじはら)と上石地区のまちづくり団体、「三チャンS村」は地域の特性を活かし、以下の3つのチャンスを設定し、まちづくりに取り組んでいます。

3チャンs村の理念

①人を知り、人と人とがふれあうチャンスを造ろう、②ふるさとの素晴らしさを知るチャンスを造ろう、③人と自然を活かし活力のある地域づくりができるチャンスを活かそう。


活動の記録

主な活動

  • 自然環境の保全保護の取り組み。
  • 青少年育成の取り組み。
  • 特別天然記念物 オオサンショウウオの保護活動。
  • 地域活性化を図る取り組み。

活動の記録

①オオサンショウウオの幼生観察会
双葉保育園や地元小学校の生徒や園児、保護者や地元住民が参加し、安佐動物園の職員に解説により、オオサンショウウオの幼生の巣立ちの様子を観察しています。
オオサンショウウオの幼生観察会 オオサンショウウオの幼生観察会
②サンちゃんと友達になる会「ふるさとの川まつり」
オオサンショウウオにふれあったり、水生生物の観察会を行い、自然環境の保全保護を学ぶ機会づくりや、地元住民の暮らしの知恵を活かし、紙工作、木工工作、わら細工など体験コーナーを用いて「ものづくりの楽しさ」、「ものを大切にする心」の育成を目指す。
また、地元住民によるバザーでは、手づくりのカレーなどを提供している。毎年およそ300名程度の来場者で賑わいを創出している。
ふるさとの川まつり
③「ふるさとの紅葉まつり」
三チャンS村主体のこのイベントは、地域住民の参画により地元食材を用いた料理を提供がなされ、神楽上演、日頃の地域活動の発表が行われ、地域色溢れるイベントとなっている。
ふるさとの紅葉まつり
④オオサンショウウオの保護活動
この地域に生息するオオサンショウウオの人工巣穴に留まる砂の除去作業や巣穴の清掃、川べりの草刈など、安佐動物園と連携し、オオサンショウウオを見守り、保護する活動を行っている
オオサンショウウオの保護活動

連携活動

○安佐動物園「オオサンショウウオ」の調査・研究の支援活動と講師派遣による講演会や学習会の実施
○広島大学 郷土研究
○北広島町教育委員会 「子育てするならわが町で」イベント開催
○地元小学校 ゲストティーチャー
○メディア・研究者 取材、調査対応
○生物多様性交流フェアー(COP10併催)

メディア・研究機関

メディア・研究機関

【海外】
イギリスBBC放送、ドイツ国営放送、ドイツライデン大学、スミソニアン国立動物園、コンザベーション:インターナショナル・アメリカセントルイス動物園・アメリカ共同通信社
メディア・研究機関
【国内】
NHK、中国放送、広島テレビ、中国新聞社、朝日新聞社、読売新聞社、地元CATVきたひろネット
メディア・研究機関

フィールド紹介

フィールド紹介

当地区は島根県境近くに位置し、江の川水系の源流付近で、太田川と江の川の分水嶺がある。平均標高350mに位置し、志路原、下石の2地域で構成され、200戸・人口550名、国道433号線に沿った小集落である。
志路原本流とした6つの支流にはオオサンショウウオが棲息し、世界で始めてとされる中がのぞける人工巣穴がある。安佐動物園の紹介により世界的に有名となり、世界各国から視察が訪れている。
また国の史跡、戦国武将「吉川元春居館跡」や「たたら製鉄跡」が保存されており、延々と継承されてきた「神楽」「田楽」といった伝統芸能が今に伝わっている。
また、昼と夜の気温差をいかした「そばづくり」は「そばの里」としても有名である。
オオサンショウウオの棲息する清流と緑の山々に囲まれた「歴史と文化の里」が三チャンS村の故郷です。

お問い合わせ・視察のお申し込み

事務局
お休み処 吉川本陣内
〒731-1703 広島県山県郡北広島町海応寺265-1
TEL:0826-83-1289 担当:渡(ワタリ)
対応可能時間
時間:9時~17時〈定休日:火曜〉


Go To Top